OPPOラボ

「OPPO」の情報ファンブログ

OPPOが『ドコモ』から発売される?両社が「契約」結ぶ

f:id:Azusa_Hirano:20211001041327j:plain

先日OPPO Japanは、オッポがNTTドコモとの特許ライセンス契約を締結したことを発表しました。

ドコモといえば日本の大手携帯電話会社のの中で唯一OPPO製品を取り扱っていない津神キャリアであることもあってか、この一報を受けてNTTドコモからのOPPO端末の投入を期待する声も見られています。

 

OPPO発表「NTTドコモと締結」

f:id:Azusa_Hirano:20210806151852j:plain

2021年9月30日にOPPOの日本法人であるオウガ・ジャパンは、NTTドコモとの間に特許ライセンス契約を結んだことを公表しました。

これは日本を含む、グローバル市場における出来事で、OPPOはこれについて次のように伝えています。

【2021年9月14日 中国 深セン】-革新的なデザインとテクノロジーで業界をリードするスマートデバイスブランド、OPPOは、株式会社NTTドコモと特許ライセンス契約を締結しました。
本契約により、OPPOがNTTドコモの3G、4G通信技術に関する標準必須特許の全世界でのライセンスを取得することが可能になりました。

引用元 : OPPO、NTTドコモと特許ライセンス契約を締結 | オウガ・ジャパン

また本件を受けて、OPPOの知的財産部シニアディレクターを務められている馮英氏は『当社は、拡大する市場の需要に応えるために、より革新的な製品を日本のユーザーに提供することに引き続き注力することができます。』とコメントしています。

 

締結でOPPOがドコモで売られる?

f:id:Azusa_Hirano:20211001042225j:plain

ドコモショップで販売されている端末

NTTドコモは冒頭に記述したとおり、ソフトバンクやauといった競合他社がOPPOを発売していくなかにおいて、これまで1度たりとも自社でオッポ端末を取り扱った事がありません。

そうした背景もあって、このニュースを知ったユーザーからは、OPPOのスマホがドコモで取り扱われるようになるのでは、といった今後のラインナップ展開の変化を憶測する声が見られます。

 

あくまで「通信特許の締結」販売と直接関係せず

f:id:Azusa_Hirano:20210619164401j:plain

このようにして両社の特許契約の締結により、ユーザーの間ではドコモがOPPOを販売するのではないかと囁かれています。

しかし残念ながら、このオッポとNTTドコモとの契約は、OPPOが同社から発売されることを意味するものではありません。

f:id:Azusa_Hirano:20211001035900j:plain

「NTTドコモの3G、4G通信技術に関する全世界でのライセンスを取得が可能になりました。」

OPPOからの発表の中でも触れられていますが、今回結ばれたのはドコモが保有する通信技術の特許についてのもので、端末の販売と直接的に関係するものではありません。

あくまでオッポにおける変化は、ドコモが持つ通信関連の特許を自社端末に使用する事ができるようになるといったところです。

f:id:Azusa_Hirano:20211001043226j:plain

ドコモの端末。通信技術を使用できるか、docomoで販売されるかは異なる題材

つまりはドコモにおける端末の取り扱いとはまた別のカテゴリーの話。

ただOPPOがドコモと接触していることは確かであって、ここでの契約は直接は関係しないと思われますが、今後docomoの製品にオッポが加わる可能性も否定できるものではありません。

今後のOPPOとドコモの展開に期待したいところです。

 

関連記事 : OPPOを販売しない大手携帯会社 残るはドコモのみに

Source : OPPO、NTTドコモと特許ライセンス契約を締結 | オウガ・ジャパン