OPPOラボ

「OPPO」の情報ファンブログ

OPPOスマホの発色を抑える「画面カラーモード」を変更する方法

f:id:Azusa_Hirano:20210506142043j:plain

OPPOのスマートフォンの売りの1つとして、画面の鮮やかさがあげられますが、一方で有機EL特有の濃いめの発色を苦手とするユーザーも存在します。

オッポ端末では設定よりその発色具合を任意で調整することが可能で、本記事ではOPPOスマホで『画面カラーモード』を変更する方法を解説します。

 

 

「画面色モード」が利用できる機種

基本的にOPPO製スマートフォンでは、機種が異なっていても共通の機能を有している場合が多いのですが、当記事で取り上げる『画面色モード』は利用できる機種には限りがあります。

筆者保有のオッポ端末で機能があることが確認できたのは次のとおり。

・OPPO A73

・OPPO Reno3 A

・OPPO Reno 10x Zoom

・OPPO R17 Neo

 OPPO A5 2020など有機ELではない端末では利用できない他、OPPO Reno Aなど有機EL搭載機種でありながら「画面カラーモード」が搭載されていないなど、この機能の搭載基準は定まっていないようです。

 

「画面カラーモード」を変更する

f:id:Azusa_Hirano:20210506132316j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210506132321j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210506132326j:plain

① OPPO端末の「設定」を立ち上げます。

② 設定項目内にある「ディスプレイと輝度」をタップします。

③ 下にスクロールして「もっと見る」を押してください。なおColorOS 7以下の機種では、ここに『画面カラーモード』に相当する設定があるので選択してください。

f:id:Azusa_Hirano:20210506132331j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210506132337j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210506132342j:plain

『画面カラーモード』をタップします。、

⑤ すると「ブリリアント」(ColorOS 6での名称は「鮮明」)と「穏やか」と2つの選択候補が表示されます。

⑥ デフォルトでは鮮やかなブリリアントが設定されているので、画面の発色を控えめにするには「穏やか」をタップしてください。

◎のチェックマークが入っていれば完了です。なお選択中のモードでの色合いは、画面上部に表示されている画像をスライドすることで、複数の写真での確認できます

 

効果は分かりやすい!ディスプレイの色合いが結構変わった

設定の効果は変更直後からかなり分かりやすく現れるようになります。

以下は「穏やか」と「ブリリアント」と異なる設定をした端末2機種を並べての比較で、穏やかモードにしたほうは、くらべてみて落ち着いた色合いにあっていることがお分かりいただけると思います。

f:id:Azusa_Hirano:20210506140933j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210506140943j:plain
左 : デフォルト設定 右 : 穏やかモード

2枚とも同一の画像で愛知県の公園で撮影した写真です。

雲が交じる青空が広がっていますが、左のデフォルト設定では濃く、右の穏やか設定では、(並べると)薄くなっているのが画像越しでも判別できます。

 

このように結構色合いが変わるので、少し発色がキツイ・濃すぎると感じられた場合は、画面カラーモードで表示具合を変更されると、利用に伴う疲れなどもある程度軽減できるかもしれません。

 

関連記事 : 【OPPO】スマホの故障・不具合が分かる『クイックチェック』の使い方