OPPOラボ

「OPPO」の情報ファンブログ

最新のOPPO『ColorOS 11』前Android 10との違いは?

f:id:Azusa_Hirano:20210706221650j:plain

OPPOは現在発売している最新機種には、Android 11ベースの『ColorOS 11』を搭載しています。

昨年はColorOS 7(Android 10)を搭載するモデルが多数販売されましたが、ColorOS 11ではどのような進化を遂げているのか紹介します。

 

 

ColorOS 11では見た目的な変化は少ない

f:id:Azusa_Hirano:20210324000552j:plain

まず「新しいOS」となると、外観的な変化が予想されます。ただしColorOS 11は前バージョーンの『ColorOS 7』から、実は見た目はそこまで変化していません。

これはベースとなるAndroid 11でも同じで、Android 10から11には、そこまで大きな外観の変更はなされませんでした。

f:id:Azusa_Hirano:20210706170104j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210706170202j:plain
ホーム画面(右がAndroid 10で左がColorOS 11)

まずはインストールしているアプリがホーム画面です。

設定している壁紙を除き、アイコンのデザインやそれらの並びに大きな変化はありませんね。

f:id:Azusa_Hirano:20210706170052j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210706170151j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210706170058j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210706170155j:plain
設定画面(それぞれ右がAndroid 10で左がColorOS 11)

設定画面もホーム画面と同じく殆ど見た目は一緒です。強いて言えば『機内モード』の項目が移動していたり、後述する『パーソナルカスタマイズ』の項目が追加されていたりはしますが、見た目はほぼ同じと言えるでしょう。

一方で通知(コントロール)センターには、ブラー(ぼかし)効果が加わり、異なる印象を受けますね。

f:id:Azusa_Hirano:20210706170110j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210706170209j:plain
天気アプリ(右がAndroid 11)

一方で「天気アプリ」では見た目に大きめな変化がありました。ColorOS 11からはその現在の天気に沿ったアニメーションが再生されるようになりました。

例えば雨ならば、降水しているかのような視覚的な楽しみが追加されました。

 

このように一部の配置が変更されていたり、随所アニメーションに設定項目がプラスされているなど、若干の変化はあるものの、大きなUIのアップデートなどは行われておらず、見た目も使い方に大きな変化はないと言えます。

 

新機能やアプリなどはしっかり追加 カスタム性が強化される

f:id:Azusa_Hirano:20210324000600j:plain

ただ変化が一見見られないのは外装だけ、ColorOS 11では、新しい機能やアプリが複数に渡って追加されています。

特にデザインを利用者がいじれるようになった所もあって、スマートフォンとしてはかなり自由度が向上している部分等もあって、OPPOのAndroid 11の新機能・アプリの一部を紹介します。

パーソナルカスタマイズ

まずOPPOのAndroid 11の目玉機能は、先述したカスタマイズ性の向上で、新たに「パーソナルカスタマイズ」が新しく使えるようになりました。

f:id:Azusa_Hirano:20210706170243j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210706170155j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210706170249j:plain

「パーソナルカスタマイズ」ではスクリーンショットのように『アイコンスタイル』『アプリレイアウト』『カラー』『フォント』を変更することができます。

画像はカラーを画像中央のグリーンからピンク色に設定を変えた所で、これまで緑色固定だったボタンなどを好みに変更できます。

アイコンの形は勿論、通知ドロワーのスイッチボタンまで触ることができ、これまで以上に幅広いカスタマイズが可能となりました。

f:id:Azusa_Hirano:20210706173303j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210706173309j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210706173316j:plain
「パーソナルカスタマイズ」で見た目を変更している様子

 

ダークモードの「色合い」が3色から選択可能に

Android 10(ColorOS 7)でオッポのスマートフォンでも利用が可能になった、基本色が白色から黒色に変わるダークモード。

それがColorOS 11で更に進化を遂げで、ブラック色以外も選択することができるようになりました。

f:id:Azusa_Hirano:20210706170123j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210706170222j:plain
左 : ColorOS 7 右 : ColorOS 11

具体的にはColorOS 11からは従来の真っ黒な「ブラック」に加えて、「中程度」「グレー」といった異なる色合いにも設定ができるようになりました。

また壁紙やアイコンに対してもダークモードが適用できるようになっていて、よりこの機能使用時にデザインの統一性がでるものになりました。

 

「超省エネモード」で長時間使用可能に

上記の通り、ColorOS 11では「見た目」を主軸に機能が用意されています。

ただそれだけでなく実用的なモードも新たに取り込まれていて、『超省エネモード』という、5分の充電で90分間チャットが使用できる機能が加わりました。

f:id:Azusa_Hirano:20210706170305j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210706170310j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210706170315j:plain
超省エネモードを使用したOPPO

このモードを有効にすると、使用できるアプリは6つに限定され、そして強制的にダークモードに切り替えられます。

また超省エネモード時はホーム画面の下にバッテリーの残り持続時間が表示されており、特に災害時には電池の温存に役立ちます。

 

OPPO公式イチオシ「スクリーンショットで翻訳」機能も追加

これはOPPO Japan イチオシの機能なのですが、外国語の文面をスクリーンショットすることで、ColorOS 11ではGoogle Lensを用いた翻訳機能が利用できます。

コピー・ペーストも不要で、簡単に海外のアプリやWebページを訳すことが可能になります。

f:id:Azusa_Hirano:20210706220155j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210706220201j:plain
「3本指でスクショから翻訳」

 

ColorOS 11が利用できる機種は現在「6機種」

f:id:Azusa_Hirano:20210701093346j:plainOPPOのColorOS 11(Android 11)は、一見Android 10からさほど大きな変更は内容にも見えました。

しかし実際のところは、カスタマイズ性が向上した他、バッテリーの持続時間を長期化させことができるようになったなど、デザインと機能の面で確実な進化を遂げています。

ちなみに現在ColorOS 11を利用できるのは「OPPO Reno3 A」「Reno3 5G」「Find X2 Pro」「Reno5 A」「A54 5G」「Find X3 Pro」の6機種となっていて、少しずつ日本でも使えるようになってきています。

f:id:Azusa_Hirano:20210620145808j:plain

「ColorOS 11」を初期搭載するOPPO Reno5 A

かなりユーザーが自由にできるようになったオッポのAndroid 11、より多くの端末に提供されることが楽しみですね。

 

関連記事 : 性能アップ?OPPOのスマホで『仮想メモリ』を追加・設定する方法

参考 : ColorOS 11 | オウガ・ジャパン