OPPOラボ

OPPOに関する最新情報をお届け

OPPO、通知を見返せる『通知履歴』機能の使い方

スマートフォンには日々アプリから多種多様な通知が送られてきますが、一度削除してしまうと再びその通知を見直すことは出来ません。

しかしOPPOスマートフォンでは、届いた通知を記録する履歴機能が搭載されており、本記事では通知履歴の使い方を解説します。

 

OPPOの「通知履歴」機能を有効にする

まずOPPO(ColorOS)に搭載されている通知履歴機能は、デフォルトではオフになっており、利用するにはユーザー自身でオンにする必要があります。

機能をオンにするには、まずオッポの設定アプリを起動し、「通知とステータスバー」を開いて「その他の設定」を選択します。

その他の設定画面が表示されたら次に『通知履歴』をタップしてください。

通知履歴画面を開くと、機能がオフになっているのでスイッチをタップして機能を有効にします。

なお記録される通知は機能をオンにして以降のものに限られ、有効にする以前の通知は蓄積されないため事前の設定が必要となります。

 

記録された履歴を確認する

通知履歴機能によって記録された通知は、通知センターから削除されたものも表示されるようになっており、過去24時間にさかのぼって確認することが出来ます。

履歴はタップすることで、通常の通知と同じように通知を送信したアプリが起動します。

最近削除された通知も履歴として残る

一定の期間をすぎると記録された通知は縮小されて表示されますが、詳細を確認したい通知をタップすることで具体的な内容を見ることが出来ます。

なおこの場合は通知をタップしても、アプリは立ち上がらず、通知文を見ることのみ可能です。

 

OPPOの通知履歴機能 活用方法は?

この通知履歴機能の活用方法は誤って削除してしまった通知の再確認など、見過ごしてしまった内容を振り返る利用方法が主体となりそうです。

例えばOPPOには受信した通知を一括で削除できる機能がありますが、誤ってすべて確認しないうちに実行してしまったなどのシーンでは特に活躍が見込めるでしょう。

ほかLINEなどのメッセンジャーアプリで、一度送信されたものの送信が取り消しされたメッセージでも、履歴には記録されるため、相手が取り消した内容を見ることができます。

 

 

関連記事 : 【OPPO】ロック(待受)画面の時計を横並びにする方法

画像出典 : トークの送信取消機能を利用する|LINEみんなの使い方ガイド