OPPOラボ

OPPOに関する最新情報をお届け

OPPO Reno7 A、落ちる販売台数に回復の兆し

OPPO Reno7 Aなどのオッポ製スマートフォンは、先週発表された売れ筋ランキングで販売台数が最下位になり不調気味であることが判明しています。

しかし10月15日に発表された最新ランキングから、OPPOスマホの販売数が回復の傾向にあるとが分かりました。

 

販売台数最下位 OPPO Reno7 Aが回復傾向

携帯電話などの市場調査を行っているBCNは、「今売れてるAndroidスマートフォンTOP 10」の10月15日号を発表しました。

そのランキングによりますと、先週最下位を記録したOPPO Reno7 Aの販売順位が7位にまで向上したことが分かりました。

先週から3位順位を回復させたかたちで、以前まで高順位であったOPPO Reno7 Aが今後も順位を追い上げられるかが注目されます。

1位 Pixel 6a(au)(Google)
2位 AQUOS wish2 SH-51C(シャープ)
3位 Pixel 6a(Softbank)(Google)
4位 Galaxy A53 5G SC-53C(SAMSUNG)
5位 Reno5 A(OPPO)
6位 Xperia 10 IV(ソニー)
7位 arrows We F-51B(FCNT)
8位 Reno7 A(OPPO)
9位 Libero 5G II(Y!mobile)(ZTE)
10位 Xperia Ace III SO-53C(ソニー)

ランキングトップは引き続き「Pixel 6a」一強の状況に変わりない状況です。

一方で2位にはAQUOS wish2が割り込む形でランクインしていて、BCNは同機種がPixel 6aのトップ2独占を阻止したとしたと伝えています。

AQUOS wish2

 

OPPO Reno5 Aのほうが好調か

今週のランキングで7位にまで追い上げてきているOPPO Reno7 Aですが、先週より一方で旧モデルのOPPO Reno5 Aがより売れている逆転現象が続いています。

OPPO Reno5 Aは今週号では5位、Reno7 Aが10位と最下位になった先週のランキングでも7位と、いずれもOPPO Reno7 Aより買われている状況です。

これには通信事業者の端末価格の大幅な割り引きなどが影響していると見られます。

また端末のスペックもOPPO Reno7 Aと大きな差が目立ちにくく、そのうえリーズナブルな値段で手にできるという要素が重なって後継機より売れていると考えられます。

 

関連記事 : au、OPPO Reno7 Aの販売を一部で終了

情報元(Source) 1 : 今売れてるAndroidスマートフォンTOP10、「AQUOS wish2」が「Pixel 6a」のTOP2独占を阻止 2022/10/15 - BCN+R

情報元(Source) 2 : 今売れてるAndroidスマートフォンTOP10、「Pixel 6a」が再び1位・2位独占 2022/10/8 - BCN+R