OPPOラボ

「OPPO」の情報ファンブログ

Androidスマホにある『通知ランプ』OPPOの機種には存在しない?

f:id:Azusa_Hirano:20210726200728j:plain

Androidスマートフォンにおいては、通知を受信した際や充電中であることを示す、通知LEDランプを備えている機種があります。

同じくAndroidスマホであるOPPOですが、そのランプを搭載しない機種が多く見られますが、オッポのスマホに通知ランプは備えられていないのでしょうか?

 

多くの機種が採用する通知ランプ 非搭載機種が目立つOPPO

まずAndroidスマートフォンにおいて、通知LEDランプは多くのメーカーにおいて採用されています。

例えば日本でOPPOのライバルであるファーウェイやシャープなどといった端末にも多く備えられていて、これまでのAndroidスマホにおいては標準的な機能の1つであると言えます。

f:id:Azusa_Hirano:20210726200734j:plain

通知LEDライト

一方のOPPOでは、人気機種である「OPPO Reno5 A」などを筆頭に通知ランプが非搭載である製品が多く、通知ランプのある機種から乗り換えてユーザーの中には困惑する利用者もいるようです。

 

通知ランプ付きOPPOも存在 ただ「日本では1機種のみ」

上記のような背景から、すべてのOPPO製スマートフォンには通知LEDランプは搭載されていないような認識が広がっていますが、実は誤りです。

日本ではたった1機種のみですが、通知ランプを搭載する機種があり、2018年2月に発売されたOPPO R11sでは国内で唯一オッポ端末の中でLEDランプが画面上部に備わっています。

f:id:Azusa_Hirano:20210726200541j:plain

OPPO R11s

このOPPO R11sはオッポが日本市場に参入するにあたって、最初期に発売したSIMフリースマートフォンです。

R11sを境に少なくとも日本で発売される機種から通知ランプは廃止されていて、未だ復活の兆しはありません。

f:id:Azusa_Hirano:20210726200742j:plain

画面上部のスペースに通知ランプを備えている

 

通知ランプの代わりとなる機能が用意されている

このように現行モデルからは失われた通知ランプですが、OPPOはコレに対して代替えとなる機能を提供しています。

利用できるのはReno3 AやA73などといった有機ELディスプレイの機種に限られますが、『常時表示ディスプレイ』モードを利用することで、通知ランプのように画面を点灯させずとも、新着通知の有無を確認することが出来ます。

f:id:Azusa_Hirano:20210726200828j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210726200834j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20210726200839j:plain

設定は「ホーム画面、ロック画面、常時表示ディスプレイ」→『常時表示ディスプレイ』より有効にするとが可能。

オンにすることで、スリープ中に時刻と通知がアイコンで表示されるので、通知LEDの代わりとした役立ちます。

また消費電力はごく僅かで、この機能を利用しても著しい電力消費は基本的に発生しません。

f:id:Azusa_Hirano:20210726200750j:plain

「常時表示ディスプレイ」

あまり注目はされませんが、OPPOの機種の中で受け継がれず採用されなくなった「失われた」仕様の1つでしょうか。

既にR11sの発売から3年以上が経過しており、恐らく復活する確率は低いでしょう。「常時表示ディスプレイ」機能を活用し、通知LEDランプの代わりとして使っていくのがよさそうです。

 

関連記事 : OPPO Reno5 A、背面指紋センサーの『形』が従来のオッポ機種から変わる