OPPOラボ

OPPOに関する最新情報をお届け

新機種に搭載予定の『劣化防止機能』OPPO A77は未対応と判明

OPPO Reno7 Aに搭載されている「システム老化防止機能」には、OPPO Japan関係者より今後発売する新機種には搭載していく予定であることが明かされていました。

しかしその予定が変わったのか、10月に発売したOPPO A77に劣化防止機能が搭載されていないことが分かりました。

 

OPPO回答「劣化防止機能 Reno7 Aのみ対応」

11月17日、OPPO JapanはSNS利用者から「システム劣化防止機能」はOPPO Reno7 Aのみに対応しているのかと問われ、現OPPO Reno7 Aのみ対応していると回答しました。

この回答から、10月発売のOPPO A77はシステム劣化防止機能に非対応であることが事実上示された形です。

一方で最後に「今後の製品にもぜひご期待くださいね」と記していて、含みを残す答えとなっています。

OPPO A77

 

7月時点では「今後発売の機種には搭載」という方針示す

劣化防止機能はOPPO Reno7 Aの目玉機能であるためOPPO A77には搭載されなかったという見方もできます。

しかしことし7月にOPPO Japanに務めるスタッフの発言では、今後発売する機種には搭載する方針であることが示されています。

7月12日にYoutuberのカステラ王子さんが、OPPO Japanマーケティング部の楊立沛氏にインタビューを行った動画を投稿しました。

youtu.be

カステラ王子さんがシステム劣化防止機能について質問をしたところ、既存モデルへの搭載は検討中とし、楊立沛氏は今後発売する機種には搭載していく予定であると答えています。

この回答どおりであれば、Reno7 AよりあとにリリースされたOPPO A77には機能が搭載されていると考えられます。

しかし上記の公式Twitterの回答によれば、現状はOPPO Reno7 Aのみでしか採用されていない模様です。

 

今後アップデートで対応する可能性も

OPPO関係者から新機種には搭載するという方針が示されていたものの、OPPO A77発売後も対応しているのはOPPO Reno7 Aの1機種のみにとどまっています。

オッポの方針が変わった可能性が考えられますが、一方でTwitterでの回答には含みを残しています。

そのため今後ソフトウェアアップデートなどを通じ、後付でシステム劣化防止機能が追加されるという可能性も捨てきれません。

今後Reno7 A目玉のシステム劣化防止機能がほかのモデルに拡充されていくのか、OPPOの対応が注目されます。

 

関連記事 : 「OPPO A77」が11月になってフリマアプリに大量出品

情報元(Source) 1 : OPPO Japan on Twitter: "@mz11291 お問い合わせありがとうございます💁 システム劣化防止機能は今のところOPPO Reno7 Aのみの対応ではありますが、今後の製品にもぜひご期待くださいね😊" / Twitter

情報元(Source) 2 : 【OPPOファンミーティング2022】オウガジャパン本社にて、OPPO Reno7 Aの質問をしてきました!! - YouTube