OPPOラボ

OPPOに関する最新情報をお届け

OPPO A77、久しぶりの4Gスマートフォンに

OPPO A77は2022年モデルとしては「性能が低い」という厳しい見方がされていますが、一方で通信規格についても「5G」に対応しない仕様となっています。

オッポが日本で4Gスマートフォンを発売するのは約2年ぶりとなっていて、基本性能に次いで評価を分ける部分となっています。

 

「OPPO A77」2年ぶりの4Gスマホ

OPPO A77が対応している通信規格は4Gとなっており、5G通信は利用できない仕様となっています。

SIMカードを挿入して「モバイルネットワーク」にある『有線ネットワークのタイプ』を確認しますと、5Gモデルにはる通信方式を選ぶことはできず、自動的に4Gに設定されます。

5Gに対応しないOPPOスマートフォンはおよそ2年ぶりで、OPPO A77の前モデルであるOPPO A55s 5Gは5Gに対応していました。

オッポとしては、2020年モデルの「OPPO A73」以来の4Gスマートフォンとなります。

OPPO A73 オッポ最後の4Gスマートフォンにはならなかった

 

新機種で5G対応は「OPPO Reno7 A」のみ

OPPO A77はスペックが抑えられている上に5G通信にも非対応となりました。

OPPO Japanが年内にスマートフォン新機種を発売する予定があるかは不明であるものの、現状として5Gが利用できる最新モデルは「OPPO Reno7 A」のみとなっています。

OPPO A77はスペックをめぐり厳しい評価が下されていますが、その上で5G通信も利用できないということでさらに意見を分ける分岐点となりそうです。

メーカーであるOPPOとしては、5G通信を必要としない層へ安価な選択肢を提示する狙いがあると見られますが、売れ筋機種のOPPO Reno7 Aと競合しないための差別化という意図も考えられそうです。

 

関連記事 : きょう発売「OPPO A77」をレビュー

情報元(Source) : OPPO A77 - スペック | オウガ・ジャパン