OPPOラボ

OPPOの情報ファンブログ

Reno10xZoomで3.5mmイヤホンを使ってみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

以前当「OPPOラボ」でもご紹介した「OPPO Reno 10x Zoom」。

Renoはディスプレイの大画面化のためにホップアップカメラを搭載しています。

その影響から3.5mmイヤホンジャックが廃止されており、従来のイヤホンが利用できません。

しばらく使用し、あったほうが便利と感じたのでこの度3.5mm変換アダプターを購入しました。

 

 


イヤホンが付属するのになぜ購入した?

OPPO Reno 10x Zoomにはカナルタイプの純正Type-Cイヤホンが付属しています。

それを使えばいいのでは?と思われる方もいらっしゃると思いますが、管理人はこのカナルタイプのイヤホンがどうも慣れることができず苦手です。

管理人はOPPOユーザーになる前にはAppleやHuaweiなどのスマートフォンを利用しており、EarPodsや同じような形状のイヤホンを愛用していました。

しばらくは所有しているBluetoothイヤホンで凌いでいましたが、Bluetoothイヤホンは不満点が多く、やっぱり「OPPOでもあのイヤホンが使いたい!」と思い購入しました。

 

購入した変換アダプター

今回は海外通販の定番の『Aliexpress』から349円で購入しました。

今秋購入したアダプターはOPPOと同じく中国の大手スマホメーカーの「Xiaomi」(シャオミ)純正品です。

他社製品であるOPPOのスマホで使えるかどうかは分かりませんでしたが、物は試しと思い購入しました。

デザインは非常にシンプルです。必要最低限ですね。

3.5mmイヤホンジャックもバッチリ搭載されています。

 

OPPO Reno 10x Zoomで変換アダプターを使ってみる

早速変換アダプターをReno 10x Zoomに装着してみました。

f:id:Azusa_Hirano:20190817173013j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20190817173010p:plain

左が3.5mmイヤホン変換アダプターでイヤホン接続時、右が接続していない時のスクリーンショットです。

右上に機器が接続されていることを表すヘッドフォンマークが表示されています。

しばらく使ってみましたが問題なく快適に使えました。

音質についてですが、管理人は高価なイヤホンでも付属品のイヤホンでも殆ど違いを感じない耳なのでアダプターを仲介しても「普通に良い」としか感想が残せません。

 

まとめ

 本来は純正のイヤホンかBluetoothイヤホンの使用が望ましいと思います。

実際管理人はBluetoothイヤホンを所有しているのですが、バッテリーの充電などが手間に感じて従来の3.5mmイヤホンの方が管理人は向いていると判断し購入しました。

OPPO Reno 10x Zoomへの直接な不満ではありませんが、これでよりRenoが快適に使えそうです。

 

当『OPPOラボ』ではOPPOスマートフォンの話題を中心に基本的な使い方から最新ニュースまで発信中です!

また何かあればここ『OPPOラボ』訪れてみてくださいね。