OPPOラボ

「OPPO」スマホの使い方から最新ニュースまで発信中!

『OPPO Reno3 A』格安スマホ会社の月間販売数で2位獲得!ライバルには及ばず【Fiimo】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Azusa_Hirano:20200827113158j:plain

今年6月に発売されて以降、各所で人気を伸ばしている新機種のSIMフリースマホ『OPPO Reno3 A』。

そしてその勢いは大きく出てきているようで、MVNOサービスを提供している「Fiimo」は2020年7月の販売台数BEST3を公表。

そのデータでは「Reno3 A」は首位に迫る2位を獲得した事が判明しました。

 

 

トップ敵わず!新機種ながら2位に

まず先日「Fiimo」(フィーモ)は自社の公式Twitterアカウントで、2020年7月分の月間販売台数を公開しました。

「OPPO Reno3 A」は2位を獲得、その他3位までの機種は以下のとおりです。

1位 : AQUOS sense3(シャープ)

2位 : OPPO Reno3 A(オッポ)

2位 : ZenFone Live 1(L1)(エイスース)

3位 : nova lite 3+(ファーウェイ)

f:id:Azusa_Hirano:20200807114153p:plain

1位には届かず

 

雑感「ライバルが変わる?」

6月に発売された新機種ながら既に売れ行きを伸ばしている事が明白になったOPPO Reno3 A。

やはりOPPO自体の知名度の向上、またテレビCMなど大規模な広告展開の成果も着実に上がっている事が伺えます。

f:id:Azusa_Hirano:20200721200929j:plain

タレントも起用し、国内でのブランド力高めるオッポジャパン

また国内で既に広く浸透しているシャープはかなり強い相手であることも改めて実感します。

これまで競合関係にあったファーウェイが米国制裁などといった要因でブランドイメージが下落する中で、今後のOPPOの真のライバルとなるのはSHARPなのかもしれません。

 

関連記事 : 中国スマホメーカーがGoogleが制限された場合の『対応』について言及【ZTE】