OPPOラボ

「OPPO」の情報ファンブログ

初代「Reno A」が回線契約で1円など Amazon「プライムデー セール」実施中 6月22日まで

f:id:Azusa_Hirano:20210621173914j:plain

日本Amazonは、2021年6月20日から6月22日(火曜日)まで行われる『prime dayセール』を実施しています。

今回も一部のオッポ製品がセールの対象となっていて、初代OPPO Reno Aが1円で特価販売(回線契約込み)されています。

 

「OPPO Reno A」OCN音声契約で1円

f:id:Azusa_Hirano:20210621174019j:plain

まず今回の2021年6月のAmazon プライムデーで最も安価なOPPO製品は初代『OPPO Reno A』で、OCNモバイルONEとの音声SIMの回線契約を結ぶことで1円で購入することが出来ます。

OSはAndroid 9と少し古いものの、Snapdragon 710搭載の実行メモリ6GBで今でもそれなりにサクサク使える機種。おサイフケータイと防水にも対応します。 

 

「OPPO A73」音声SIMの契約で5,489円(OCN)

f:id:Azusa_Hirano:20210621170946j:plain

「OPPO Reno A」に続いて安価なのは、2020年11月に発売された現行モデル『OPPO A73』です。

Reno Aと同じくOCNモバイルONEの音声SIMを契約することで税込み5,489円で特価販売されています。発売時のSIMフリーモデルの価格は30,800円(税込み)。

OPPO A73はレザー調に仕上げられた筐体が特徴で軽量な本体が魅力 。楽天モバイルやIIJmio等で活用できるeSIMにも対応します。

 

「OPPO Reno3 A」音声SIMの契約込みOCN契約で9,220円

f:id:Azusa_Hirano:20210621171312j:plain

「Reno A」「A73」に次いで、セール特価となったのは『OPPO Reno3 A』で、昨年6月に発売された旧機種で税込価格9,220円となります。

OCNモバイルONEとの音声契約が必須で、発売時の価格は前機種の「OPPO Reno A」と同じく39,800円(税込み)です。

型落ちですが、Android 11へのOSアップグレードにも対応している他、スペックは抑えめですが、FeliCaと防水を備えており、超広角カメラを含む4眼カメラも搭載しています。