OPPOラボ

「OPPO」の情報ファンブログ

【値引き】IIJmio、FeliCa対応の初代「OPPO Reno A」を価格改定!7,700円安く

f:id:Azusa_Hirano:20210311023025j:plain

MVNOサービスを提供するIIJmioは、先日新製品を自社のラインナップに追加するに伴って、旧端末である2019年10月発売の初代「OPPO Reno A」の価格を改定しました。

今回の価格改定で、OPPO reno Aの値段は25,080円に変更され、約7,000円の値引きとなっています。

 

OPPO Reno A価格改定 2万円台へ IIJmio

f:id:Azusa_Hirano:20210302082525j:plain

IIJmio

これまでIIJmioでは32,780円で取り扱われていたOPPO Reno Aですが、3月1日より一括払いでは25.080円(税込み)に。

24回の分割払いでは1,375円/月から1,056円/月へと改正されました。

 

後継機よりスペックが高い「初代Reno A」

f:id:Azusa_Hirano:20210113084243j:plain

OPPO Reno AはFeliCaに対応したSnapdragon 710を搭載するミッドレンジ級の機種で、防水防塵やディスプレイ内指紋認証なども搭載するコストパフォーマンスに優れたモデルです。

既に後継機種『OPPO Reno3 A』も発売されていますが、CPOU性能がグレードダウンされており、パフォーマンス面では今回値下げされた「OPPO Reno A」が優位で、後継端末とは異なる魅力があります。

www.oppo-lab.xyz

 

値引き 発売後1年経過 終売も近い?

後継機種が発売されていることや、新たな他社製品の投入に伴い差別化の為の値引きとも捉えられますが、一方で他の通信事業者ではこの初代Reno Aの取り扱いを終えている所があります。

加えてOPPO Reno Aは発売から既に1年以上が立っており、今回の価格改定はIIJmioにおける終売もそう遠くないようにも思わされる所です。

 

IIJmio

 

関連記事 : 人気博した「OPPO Reno A」世代交代へ?格安スマホ会社が販売終了を告知

Source : 「IIJmioサプライサービス」においてモトローラ製「moto e7 power」、「moto e7」を販売開始