OPPOラボ

OPPOの情報ファンブログ

OPPO Reno 10x Zoom1ヶ月使用レビュー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

OPPO Reno 10x Zoomを購入して早1ヶ月が経過しました。

この記事では1ヶ月Renoを使って管理人が感じた不満点などをご紹介します。

前回の1週間レビューに続くRenoのレビュー第2弾となります。

 

 

使ってみて

f:id:Azusa_Hirano:20190817015937j:plain

まずReno 10x Zoomの開封レビューでも書きましたが管理人はRenoを購入するまでは同じOPPOの「R15 Neo」(3GBモデル)を使用していました。ミドルクラスから一気にハイエンドモデルにアップグレードしました。

1ヶ月使用してみた感想は「最高!」です。

もちろん不満点もあり、これからそれぞれ良いところと悪いところを上げていこうと思います。

 

よかったところ

動作がサクサク

CPUにはSnapdragon 855搭載でRAM容量は8GBを備えており、ゲームなどをしないライトユーザーな筆者には十分すぎるスペックです。

冒頭うでも述べましたが、以前使っていたのはOPPO R15 NeoとミドルクラススマホでR15 Neo動作そのものに大きく不満を抱くことは多くはありませんでした。ただいざハイエンドスマホに切り替えてみると世界の違いを実感しました。

 

やっぱり画面内指紋認証が快適すぎる

f:id:Azusa_Hirano:20190819201248g:plain

前回の一週間レビューでも快適さを実感した『画面内指紋認証』。高速かつ認証ミスも殆ど無く、生体認証にストレス無く使えています。

指紋認証でなぜココまで感動しているかと言うと、管理人は多汗症に悩まされており手汗のせいで常に手が湿っているんですね。

過去にもAppleやHuaweiなど様々なメーカースマートフォンを利用していたのですが、湿っているせいで殆ど認識されず生体認証の意味を成していませんでした。

Reno 10x Zoomというよりは「画面内指紋認証」のおかげですが、これだけでReno 10x Zoomを購入してよかったなと実感しています。

カメラはずばぬけてた

f:id:Azusa_Hirano:20190703140530p:plain
日本では「ずばぬけたズーム」と打ってリリースされたReno 10x Zoom。

実際にこの1ヶ月触って色々撮影みましたがキレイすぎるし、スマホでココまで拡大できるの!?と思うクオリティです。

カメラに関しては素人の管理人撮影なため一部見苦しい写真もあると思いますがご容赦下さい。

また一部生物の作り物の画像も掲載しておりますので苦手な方はご注意下さい。

f:id:Azusa_Hirano:20190819205608j:plain

f:id:Azusa_Hirano:20190819205619j:plain

f:id:Azusa_Hirano:20190819205631j:plain

f:id:Azusa_Hirano:20190819205637j:plain

f:id:Azusa_Hirano:20190819205656j:plain

f:id:Azusa_Hirano:20190819205706j:plain

f:id:Azusa_Hirano:20190819205732j:plain

f:id:Azusa_Hirano:20190819205753j:plain

 ズーム機能の作例となる写真がまだ用意できていないのですが、キレイに撮れているのではないでしょうか?

少なくとも管理人が所有していたどのスマートフォンよりもキレイに撮れています。

また写真については別の記事OPPOラボのInstagramでも公開していますので良ければ見ていって下さい。

 

不満な点

 ここまで良い点を述べてきましたが、次は不満点をご紹介します。

アプリのロックが解除されている事がある

これはReno 10x Zoomへ直接の不満というよりは「Color OS」に対する不満点です。

OPPO独自のColor OSは省電力化に特化しており、使用していないアプリは閉じた後にバックグラウンド(裏)では動かないよう凍結する仕様になっています。

この仕様、バッテリーの維持時間を伸ばすのに貢献しているのですがその反面でその閉じられたアプリからの通知が届かなくなる仕様でした。

その仕様を回避するためにアプリごとに自動で凍結させる機能を無効にできる「ロック」機能が備わっています。

この「ロック」、なぜか時折自動で解除されてしまう場合がありココがまず不満な点です。

今後のColor OSの改善に期待しようと思います。

 

標準カメラアプリのUI

 

f:id:Azusa_Hirano:20190819222749j:plain
f:id:Azusa_Hirano:20190819222742p:plain

左がReno 10x Zoom(Color OS 6.0)、右はR15 Neo(Color OS 5.2)のカメラアプリです。

写真自体はものすごくきれいに撮影できるReno。恐らくColor OSのアップデートによる変更だと思われるのですが不満点は撮影モードの選択方法です。

Color OS 5.2の時は左右にスライドして全ての撮影モードがサクッと選択できていました。

対してColor OS 6.0では「動画」「写真」「ポートレート」の3つしかスライドで選択できず他の撮影モードは一度ボタンを押してモードを選択する必要があり少し手間に感じてしまいます。

他社のスマートフォンも多くがスライドで撮影モードが選択できていて、OPPO(Color OS)も同じような仕様だったのでこの変更は残念な点でした。

 

まとめ

f:id:Azusa_Hirano:20190819225321j:plain

結論としては『買ってよかった』です。いくつかの不満点もありますが、やはり使ってわかった圧倒的なカメラ性能と十分すぎる基本性能です。

決して安価な端末ではありませんが値段にあう内容だと思いますし、他社の製品ですがカメラ性能が飛び抜けているスマホが日本での発売が危うい状況ですので良ければこの「OPPO Reno 10x Zoom」を選択肢に入れられてはどうでしょうか?

 

以上参考になりましたら幸いです。

当『OPPOラボ』ではOPPOスマートフォンの話題を中心に基本的な使い方から最新ニュースまで発信中です!

また何かあればここ『OPPOラボ』訪れてみてくださいね。