OPPOラボ

OPPOのファンブログ

OPPO Reno 10x Zoom 1週間レビュー【使ってみて編】

7月18日木曜日にOPPO Reno 10x ZoomOPPOラボに到着して早1週間が経過しました。

あれからガシガシ使ってきましたのでとりあえず1週間使用感レビューです。

 

 

OPPO Reno 10x Zoomを使うまで

管理人(筆者)はReno 10x Zoomを購入するまでスマホAppleの「iPhone 7」とOPPOの「R15 Neo」を利用していました。

あるキッカケでReno 10x Zoomへの買い替えとなるのですが、この1週間レビューは3年前の型落ちiPhoneと安価なミドルレンジOPPOを使っていた人間が突然最新のハイエンドOPPOスマホに乗り換えての感想と見てください。

www.oppo-lab.xyz

www.oppo.com

 

良かったところ

生体認証(指紋認証 / 顔認証)

管理人はReno 10x Zoomを購入するまでにiPhoneHuaweiなど生体認証機能が搭載されているスマホの利用経験があります。

しかし管理人、多汗症手汗が結構スゴイんですよね。その影響からかこれまでにまともに指紋認証が機能してくれたスマホには出会えず「そんなもんか...」と諦めていました。 

しかしReno 10x Zoomに切り替えてからはとても快適に使えています。

 管理人、人生初の画面内指紋認証ですが認証速度も高速で超快適

正直指紋認証で苦労していた管理人はこの点だけで買って良かったな、と感じてます

 

カメラ

Reno 10x Zoomのメイン機能と言っても過言ではない通称「ずばぬけたズーム」なカメラ。

購入して以降これまで使ったことがない高性能カメラに翻弄されつつとても楽しんでいます。

早速撮影した写真を載せていきたいところなのですが、到着してからというもの大雨台風で外出を控えていたので、残念ながら野外での撮影にまだ繰り出せていません。

なので折角カメラ性能目的でお越しいただいた方には申し訳ありませんが、この1週間レビューではとりあえずは屋内限定での作例となります。

通常モード

明るい屋内でフィギュアをReno 10x Zoom撮影

印象としては実物より明るめに撮れていて、撮影シーンによってはインスタ映えできそうです。

暗い屋内でフィギュアをReno 10x Zoom撮影

実際どの程度くらいかお伝えできないので分かりづらいと思いますが、かなり鮮明に撮影できています。

また少しピンクっぽくなっていますが、これはカーテンの色などによる物でReno 10x Zoomのカメラ性能とは直接関係はありません。

ポートレートモード

明るい屋内でフィギュアをポートレート撮影

しっかりフィギュアにピントが合っていて裏がボケていますね。

 

ただやはりこれだけではカメラ性能がお伝えできないと思いますので、今後別の記事でカメラの作例を掲載して記事を作成する予定です。

 

 

OPPO独自の高速充電

Reno 10x ZoomにはOPPO独自の高速充電規格である「VOOC」(ボーク)が搭載されています。

Reno 10x Zoomの前に利用していた「R15 Neo」には搭載されておらず初のVOOCだったのですが想像以上に高速でした。

詳しくはまた検証記事を作成する予定ですが、とりあえず20%の状態から20分充電したところたった20分で30%充電され50%まで充電されました。

カメラに目が行きがちですが、この隠れたVOOC充電もかなりスゴイと思います。

 

気になるポイント

常駐設定にしているアプリが自動で解除される

この問題ポイントはReno 10x Zoom特有というよりはAndroidベースの「Color OS」の問題だと思われます。

OPPOスマホは省電力を意識しており、バッテリー節約の為に常駐するように設定していないアプリは開いていないときはスリープされ、アプリスリープ中はそのアプリの通知が一切届かなくなります。

不必要なスリープを回避するために常駐設定が用意されている筈なのですが、設定してもいつの間にか常駐設定が解除されていることが多々あります。

これが重要なアプリでは無いならいいのですが管理人の場合防災アプリを登録しており、通知は非常に重要な役割なのでココが不満ポイントですね。

 

物理的に重い

Reno 10x Zoomの動作は極めて快適で最高ですが、物理的な重さが少し気になります。

重量は約215gでスマートフォンでは重い部類に入ります。

ただ優れたカメラや高速な指紋認証を考慮すれば管理人はトレードオフに足りる点だと思いますし、結局は慣れですのでこれからガシガシ使っていれば気にならなくなると思います。

 

 Reno 10x Zoomが来て常用スマホは変わった?

冒頭にも書きましたが、Reno 10x Zoomが来る前はiPhone 7とR15 Neoを常用スマホとして常に持ち歩いていました。

その常用スマホはどう変わったのでしょうか?

 

まずOPPO R15 Neoは開封レビューでも書きましたが家族に譲りました。そのR15 Neoの空き枠のためにReno 10x Zoomを購入しました。

そしてiPhone 7。これは1週間経過した今でも使用していてメインのSIMカードを挿入し、LINEもiPhoneに入っています。

なぜ最新スマホがある今、iPhoneを使い続けるのか、それはFeliCaおサイフケータイ)です。

Reno 10x Zoomへの搭載は残念ながら見送りとなり、管理人はモバイルSuicaは手放せない為iPhoneを同時に利用しています。

 

しかしiPhoneの利用頻度はReno 10x Zoomがやって来てから確実に減りました

良かった点でも述べましたが指紋認証が快適な事やカメラなどRenoを手に取ることが殆どで、最近は専らiPhoneはカバンにしまっています。

ただ「それだとLINEが確認できないのでは?」と思われる方もいらっしゃると思います。

しかしその問題も「LINE Lite」解決できておりiPhoneでもOPPOでもLINEが確認できる環境となりました。

可能ならばSuicaもReno 10x Zoomで使いたいところですが、しばらくはこの組み合わせで使用するつもりです。

 

まとめ

結論は「買ってよかった」です。

Color OSの癖に戸惑う事もありますが、この1週間非常に快適に使えてます。

今後も何かあれば書いていこうと思います。

OPPO Reno 10x Zoom、中々オススメです。

 

以上参考になりましたら幸いです。

当「OPPOラボ」ではOPPOを中心に情報を発信しています!

またOPPOの事で何かあればココ『OPPOラボ』に訪れてみてくださいね。

www.oppo.com